人生90年時代、生活に困窮する高齢者が急増

老後1

人生90年時代、生活に困窮する高齢者が急増

老後1

老後資金を十分、確保できれば問題ない。

しかし、50代、40代の家計はそれほど楽ではないだろう。

特に負担が大きいのが教育費。

私立大学の進学費用は入学金、授業料を合わせて

平均約112万円、国立大学でも約82万円必要となる。

20年前と比べると、それぞれ1.6倍、2.2倍増だ。

しかも、晩婚晩産化で子供が大学を卒業する時期が

50代後半というケースも多い。

そうなると、老後資金はなかなか貯まらない。

さらに、住宅ローンを定年退職後まで

払い続ける人も少なくない。

近年の低金利状況だと、借入額も膨らみがちだ。先

ほどの高齢者の家計調査では住居費は平均1万6000円ほど。

年金生活に入ってから住宅ローンを抱えていると、

家計の赤字額はその分増えることになる。

[ad#co-1]

定年後の再雇用に潜むリスク

月給や賞与があり、意識しなくてもキャッシュフローが

回っている会社員の場合、貯蓄から赤字補填を

しなければならない老後の生活はイメージしにくいだろう。

貯蓄が十分に貯まらなければ働き続けるという選択肢もある。

しかし、定年後の再雇用は通常、収入が大幅に下がるし、

病気になるなど体調を崩せば働くこと自体できなくなると

いうリスクもある。

今まで「考えたくない」と自分の老後から目を背けていた50代、

40代は、現実を直視したうえで防衛策を講じたい。

まずは貯蓄額を増やすための家計の見直し、

そして会社員であれば定年後にいかに過ごすか。

満足のいく90歳を迎えられるよう今から備えておくことは

、若い世代の負担を軽減させるという意味でも

「バブル世代」に課せられた責務といえるだろう。

自由人の旅ブログ

雇われないで生きる〜ビジネス.com

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です