給料頭打ち! 土日アルバイトで月5万円稼ぐには

副業

給料頭打ち! 土日アルバイトで月5万円稼ぐには

副業

時間の切り売りでは将来性、成長性なし

今や、サラリーマンもサバイバルの時代になりました。

給料は頭打ちで、いつもリストラの危機にさらされています。

せめて会社を辞めずに、土日にアルバイトをして、

月5万円を稼ぎたいと思うのも無理からぬことです。

5万円なら決して難しいことではないでしょう。

肉体労働や単純作業で、時間を切り売りすれば、

稼げる金額です。しかし、それでは即金性はありますが、

自分の将来性や成長性を考えると、得策とはいえません。

時間の切り売りだと、時給も安く、

いたずらにストレスを抱えてしまうことも多いでしょう。

時給の目安としては、最低でも1000円は欲しいところ。

それより安いと、本業で残業したほうがよほど

効率よく稼げるかもしれません。

そこでぜひとも心がけたいのが“攻めの副業”です。

例えば将来、洒落たバーを経営したいのであれば、

バーテンダーのアルバイトをして、

接客や洋酒の知識を身につける。

開業を想定して、立地や客筋の研究

もしていくべきだと思います。

[ad#co-1]

私自身、会社で働きながら中小企業診断士の資格を取って、

経営コンサルタントを副業にと考えましたが、

簡単にクライアントは見つかりませんでした。

そこで、週末に知り合いのコンサルティング・ファームで

補助業務に携わりながら、プロのノウハウを学びました。

そこで培った知識や人脈をもとに独立し、

今では経営コンサルタントが本業になっています。

公的資格を生かしたアルバイトも多くあります。

会社員には社会保険労務士あるいは公認会計士の

資格を持った人もいます。

そんな人は、週末だけ知り合いの会社に出向いて、

就業規則の作成や会計処理を

サポートするといった働き方があるでしょう。

しかも、専門性を生かした仕事ですから、

報酬も少なくなく、相手からは感謝されるはずです。

もちろん、資格はなくても、本業で身につけた

ノウハウも武器になります。

[ad#co-1]

会社にいると気づきにくいのですが、

大企業という組織で働いた経験を、

中小企業やベンチャー企業の経営者は求めているものです。

コンサルティングと気負わず、

最初はアドバイザーのようなつもりで

関わっていくのもいいでしょう。

図を拡大
サラリーマンが狙いたい5つの副業

こうしたやり方のメリットは、元手がかからず、

ビジネス上のスキルアップにつながるということです。

その経験や得た知識は本業にも生かせます。

せっかく、本来ならリフレッシュすべき休日を

犠牲にして働くわけですから、お金だけでなく、

見えない資産を増やすという考え方もすべきです。

ここで注意しておきたいのは、

自分の実力で副業に取り組む場合、

一番大事なのは顧客をいかに獲得するかということ。

言い換えれば営業力。

これを鍛えれば、受注できる仕事も増えていきます。

つまり営業力=稼ぐ力なのです。

[ad#co-1]

その意味で、普段から仕事への積極的な姿勢が大切です。

社内でのプレゼンテーションでは発表役になって

説得力を鍛えたり、組織横断的なプロジェクトチームに

参加することで、経営感覚を養うことができます。

とはいえ、本業と副業の両立は容易ではありません。

副業の最大のリスクは本業を失うこと。

副業を禁止している勤務先に露見したり、

副業のせいで体調を崩し、

仕事上のミスで会社に損害を与えたとなると

解雇も覚悟する必要があります。

まして、勤め先のクライアントを副業の

顧客にするなどはもってのほかです。

二足のワラジでは、どうしても時間的制約があるので、

収入は頭打ちになります。

しかし、副業が軌道に乗ってくれば、

サラリーマン人生に新しい展望が開けるかもしれません。

当然、独立・起業の選択肢が出てくると思います。

自由人の旅ブログ

雇われないで生きる

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です