人生をよくするために関わらないほうがいい人物7タイプ

有害

人生をよくするために関わらないほうがいい人物7タイプ

有害

 

人間は環境の生き物だ

あなたがよりよい人生を歩んで行きたいなら

あなたの周りの人がとても重要だ

あなたにマイナスを与える人物タイプを7つ紹介しよう

1.批判的な人物

批判的な人はかかわるすべての

物事に対して何かにつけてあら探しを行いケチを付ける。
このタイプの人物は、

あなたがどんなに時間をかけて

丁寧に物事を説明してあげても決して聞く耳を持たない。
事象をすべて聞き終える前にすべて

自分で勝手に結論付けてしまう。
彼らは人の話を聞くことが苦手で

コミュニケーションに難がある。
批判的な人に助言やフィードバックを

求めることほど時間の無駄は無い。

[ad#co-1]

2.嫉妬深い人物

起業家の人生は山あり谷ありの険しい道のりである。
うまくいかない時に

あなたを支えてくれるサポーターが必要である一方、
たとえうまく行っている時であっても

あなたを応援してくれる人々の助けは必要だ。
嫉妬深い人物は決してあなたをハッピーにしてくれない。
彼らは人の成功を常に羨むのだ。

3.支配欲の強い人物(コントロールマニア)

コントロールマニアの人物は人の話を聞かないし、

聞く必要も無いと考えている。
なぜなら、彼らは常に自分が正しく

すべてにおいてベストな答えを自分は知っていると思っているからだ。
こういうタイプの人物があなたの

プライベートで身近にいたら非常に

厄介な存在であるばかりか、
もし、こうした人物が職場環境にいたら正に悪夢でしかない。
成功するビジネス環境においては、

人の話をよく聞き仕事の指示に

従うことのできるチームの存在が必要不可欠だ。
もしあなたのチームにコントロールマニアの人がいたら、

「ひとつの厨房に料理長だらけ」

の問題を引き起こすことになるだろう。

[ad#co-1]

4.傲慢な人物

自信と傲慢を取り違えてはいけない。
自信に溢れた人は私達にインスピレーションを与えてくれるが


傲慢な人物は威圧的でうっとおしいだけだ。
傲慢な態度をとる人は周囲の

誰よりも自分が優れていると思っている。
こうした人はプライベートではうっとおしい存在で、
仕事の場では常に不愉快な場の空気を作り出す。

5.被害者意識の高い人物

このタイプの人物はいつも言い訳をして、

自分のミスや間違いもすべて他人のせいにする。
被害者意識の高い人…

実はこのタイプが周りに置いておくと最も有害な人間だ。
彼らは絶対に責任を負わないし、

仕事の場では常に誰かに後ろ指を差して

責任逃れのドミノゲームを始める。
もしあなたが経営者だったら

こうした人間を直ちに職場から一掃して頭痛の種を取り除こう。

[ad#co-1]

6.ネガティブ志向の人物

いつもネガティブ志向な人は

あなたのポジティブなエネルギーをすぐさま奪い取る。
彼らの生き甲斐は周りの人間を引きずり落とすことなのだ。
あなたはこのタイプの人物から決して激励の

言葉を受けることは無い。
彼らはあなたのアイデアはすべて頭ごなしに否定し、
成功の可能性やポテンシャルを論じる前に

あらゆる失敗の可能性について指摘するのが大好きなのだ。
彼らはエネルギーを奪う元凶だ。

7.嘘つきな人物

人生で成功を収める為には何かの時に

あなたの為に親身になってくれる信用できる

他の成功者の人達を周囲に置いておく必要がある。
嘘つきは信用できないし、

彼らが嘘を言っているのか本当のことを

言っているのかわからないから彼らに期待することもできない。
こういった不信感漂うタイプの

人物はあなたを直ちに疲労させることになる。
こうしたタイプの人間はあなたの人生から排除しよう。
そうすれば嘘を付かれているのかどうかを悩む必要もなくなる。

自由人の旅ブログ

雇われないで生きる〜ビジネス.com

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です