成功者の睡眠方法!ホリエモンが6時間寝るために削ったものとわ!?

horie_04

成功者の睡眠方法!ホリエモンが6時間寝るために削ったものとわ!?

horie_04

「寝なきゃ…。でもやりたいこともたくさんあるんだよなぁ…」

忙しい人特有の悩みですよね。

「睡眠時間をどうやって確保するか」

で悩んでいる方は多いはずです。

僕の場合、睡眠時間がだいたい6時間を

切るとかなりツライですね。

パフォーマンスが低下して、翌日、使いものにならないんです。

それは、もう10代の頃から経験的にわかっていることなので、

睡眠時間を削って仕事をしようと思ったことはないです。

そう語るのは、堀江貴文さん。

イメージどおり、スケジュールは分刻み。

それでも「1日最低でも6時間睡眠」のマイルールを

徹底しているそうです。

どうやって睡眠時間を確保しているのでしょうか?

今回は、堀江貴文さんの睡眠術を、

睡眠専門メディア「Fuminners(フミナーズ)

の記事より抜粋してご紹介します。

究極にムダを削る”カリカリにチューニングした”暮らし

やりたいことが増えれば、当然、時間が足りなくなります。

なので以前は、通勤時間を省くために会社に寝泊まりすること

もありましたね。あまりに忙しく、24時間ずっと会社で生活

を送っていた時期もありました。

[ad#co-1]

通勤時間以外にも削れるところは削って、

密度の高い活動時間と十分な睡眠時間に充てていくのが

堀江さんのやり方です。

僕は、これまで、ただやりたいことをやってきただけなんです。

それは、これからも変わりません。

そして、やりたいこと、こうなるといいなと思うことは、

常にどんどん増えていきます。

僕の場合、やりたいことに優先順位を付けることに意味を

感じていないので、基本的にはやりたいことは全部

やるというスタンスです。

ホリエモンが削ったものとは・・・

「『Time is Money』という言葉がありますが、

それは違うと思うんです。お金は増やすことができますが、

時間は増やすことはできません。

その意味で、時間こそまさしく有限のリソースで、

『命そのもの』だと思ってます。

だから、『Time is Money』ではなくて、

『Time is Life』が正しいんです。

『命そのもの』である限られた時間の中で、

僕のやりたいことを実現するには、

時間あたりの作業効率と判断のスピードを上げていくしかない。

そのためには、目の前の一つ一つのものごとに最大限集中して

取り組む、という方法しかないんですよね。

僕は、仕事の質とはひとえに『集中力×時間』

で決まるものだと思っています。

このうち、時間は限られていて誰にも平等に与えられているわけ

ですから、集中力の差が、結果的に仕事の質の差に表れる

わけです」

 

「集中力」をいかに高めるかが、

堀江さんの仕事術の核心にあったのですね。

 

「そのためには、ムダを徹底的に省く。

僕は、2年くらい前からホテル住まいをしています。

いま必要な持ちものといえば服くらい

家があるとどうしてもモノが増えちゃうんですよね。

余計なものを削ることを考えたとき、

『もう家もいらないかなあ』と思ったので、手放しました。

そもそも、人間が定住をしたのは農耕生活を始めたからで、

多くの現代人にとってそれは必要ないことなんです」

 

「集中するために、余計なことを削る」

ことを突き詰めた堀江さんは、定住生活を捨てる代わりに

機動力を手に入れ、仕事の質をさらに高めているようです。

どこまでもムダを省くが、睡眠はしっかり取る。

常識破りな堀江さんの活躍を支えているのは、

実はとてもシンプルなルールでした。

[ad#co-1]

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です