IT業界の富豪、世界ランキング 19位楽天・三木谷氏は資産1兆円

三木谷

IT業界の富豪、世界ランキング 19位楽天・三木谷氏は資産1兆円

三木谷

フォーブズが8月上旬に発表した

「テック業界の富豪 世界100名リスト」

には、各国のビリオネアらが名を連ねた。

そのうち51名がアメリカ出身。

アジアからは33名がランクインし、

楽天の三木谷浩史氏が19位に入った。

また、ヨーロッパ勢は8名、

中東(イスラエル)からは2名、

ラテンアメリカからは1名という結果だった。

リスト入りした100名は最低20億ドル(約2,490億円)

の純資産があり、100名のうち40名がカリフォルニア在住だ。

下記にその上位20名のランキングを掲載する。

第1位:ビル・ゲイツ
総資産額:792億ドル(約9兆8,600億円)

地球上で最も裕福な人物は、今年もビル・ゲイツだ。

彼は過去21年の長者番付で実に16回も第1位の座についている。

2010年から4年間はその座をメキシコのカルロス・スリムに

譲ったが、2014年3月の長者番付で再び第1位の座を取り戻した。

1975年にポール・アレンらと共同でマイクロソフト社を創業し、

ゲイツは莫大な資産を手に入れた。

[ad#co-1] 現在は慈善活動に専念するゲイツは、

米国の教育や世界の医療保険分野への支援を継続し、

アフリカの人々の自立支援にも注力している。

第2位:ラリー・エリソン
総資産額:543億ドル(約6兆7,600億円)

ラリー・エリソンはCIAを顧客にデータベースを構築した後、

1977年にオラクルを設立。

同社は2014年度に売上高383億ドル(約4兆7,700億円)

の規模に成長した。

2014年9月にエリソンはCEOを辞任したが、

その後同社の会長兼CTOに就任した。
彼はセーリングの熱狂的なファンであり、

アメリカ杯(America’s Cup)のOracle Team USAの

最大のスポンサーとしても知られる。

娘のミーガン・エリソンは映画プロデューサーとして

成功を収め、『ゼロ・ダーク・サーティ』や

『アメリカン・ハッスル』といったヒット作を生み出した。

第3位:ジェフ・ベゾス
総資産額:348億ドル(約4兆3,300億円)

ジェフ・ベゾスはプリンストン大学で電気工学と

コンピュータープログラミングを学び、

ヘッジファンドD.E. Shawに勤めた後、

1994年にAmazonを創業した。

2014年は初めて投入したスマートフォンが失敗したが、

2015年は同社のオリジナルテレビ番組シリーズ

『トランスペアレント(Transparent)』

がゴールデングローブ賞の最優秀作品賞

(ドラマ部門)を受賞した。
同社株の18%を保有するベゾスは、

顧客がさらにAamzonブランドへの依存を

高めるよう新たなビジネスに投資を続けると見られている。

[ad#co-1]

第4位:マーク・ザッカーバーグ
総資産額:334億ドル(約4兆1,600億円)

Facebookの共同創業者でCEOのマーク・ザッカーバーグは

若者のフェイスブック離れが進む中、更に業績を押し上げた。

2014年度の売上は58%上昇し、125億ドル(約1兆5,600億円)。

モバイル広告で売上を伸ばした。

全世界で14億人がFacebookを利用しており、

インスタグラムの利用者も3億人を突破。

190億ドル(約2兆3,600億円)

で買収したチャットアプリWhatsAppの

ユーザー数も7億人を超えている。
プライベートでは、ハワイのカウアイ島の土地を1億ドル

(約124億円)で購入。

彼と妻のプリシラ・チャンは昨年10月、

エボラ出血熱対策に2500万ドル(約31億円)を寄付した。

第5位:ラリー・ペイジ
総資産額:297億ドル(約3兆7,000億円)

GoogleのCEO、ラリー・ペイジは、

デジタル時代において最も影響力のある会社を運営している。

検索エンジンの世界シェアでは65%を獲得。

アンドロイドOSは10億以上のデバイスで使用されている。

2014年には家庭用サーモスタットのNest社を32億ドル

(約4,000億円)で買収したほか、

セキュリティーカメラメーカーのDropcam社を

5億5,555万ドル(約690億円)で買収した。
ペイジはクリーンエネルギーを推奨しており、

パロアルトに所有する不動産では燃料電池や地熱エネルギー、

雨水採取装置などを利用している。

[ad#co-1]

第6位:セルゲイ・ブリン
総資産額:292億ドル(約3兆6,300億円)

Googleの共同創業者であるセルゲイ・ブリンは

Google XというGoogleの機密部門のトップだ。

Google Xはスマートコンタクトレンズや空中風力タービン、

失敗に終わったグーグルグラスなど、

リスクの高いプロジェクトを担当。

2013年秋には、Google幹部の27歳の女性との

浮気がトップニュースとなり、

それが原因で妻のAnne Wojcickiとは破局し、

ペイジとの仲にも亀裂が生じたとされる。
両親は学者で、ブリンが6歳のときにモスクワから

アメリカに移住した。1998年にペイジとGoogleを創業した当時、

2人はスタンフォード大学のコンピューターサイエンスの

博士課程に在籍していた。

第7位:ジャック・マー(馬雲)
総資産額:227億ドル(約2兆8,300億円)

2014年9月、中国のe-コマース最大手アリババは

NY証券取引所で過去最高の250億ドル(約3兆1,100億円)

の資金を調達しIPOを果たした。

マーが出資するアントファイナンシャル・

サービスグループは、アリペイなどの

金融サービス企業へと発展している。
彼の投資先はサッカーチームから映画製作会社まで幅広い。

慈善事業にも積極的で、マーク・ザッカーバーグやユーリ・

ミルナーと共に生命科学ブレイクスルー賞

(the Breakthrough Prize in Life Sciences)の理事を務めている。

[ad#co-1]

第8位:スティーブ・バルマー
総資産額:215億ドル(約2兆6,700億円)

2014年2月にマイクロソフトのCEOを退任した

スティーブ・バルマーはほどなくNBAの

ロサンゼルス・クリッパーズのオーナーとなった。

彼は2014年8月にNBA史上最高額となる

20億ドルで同チームを買収したのだ。
デトロイト出身の彼はスタンフォード大学の

MBAプログラムに在籍していたが、1980年、

ハーバード大学時代の同級生ビル・ゲイツが創業した

マイクロソフトの30人目の社員となった。

ビル・ゲイツが同社株の売却を進めた結果、

バルマーは2014年4月にマイクロソフト社の

個人筆頭株主となった。

第9位:ローレン・パウエル・ジョブズ
総資産額:195億ドル(約2兆4,300億円)

ローレン・パウエル・ジョブズは夫スティーブ・ジョブズを

亡くし間もなく4年になる。

彼女はアントレプレナーシップを促す

財団Emerson Collectiveを創設したほか、

College Trackという低所得家庭出身の学生の

大学卒業を支援する非営利プログラムの創設者でもある。
パウエル・ジョブズは大統領選に向けて

ヒラリー・クリントンを支援する「Ready for Hillary」

の最大の献金者の一人だ。

彼女が保有するディズニー株は130億ドル

(約1兆6,200億円)以上に相当し、

スタンフォード大学評議会の委員も務めている。

[ad#co-1]

第10位:マイケル・デル
総資産額:192億ドル(2兆3,900億円)

マイケル・デルは1984年、

19歳の時に自身の名を冠した会社を

資本金1,000ドル(約12万5,000円)で設立した。

4年後に株式公開した際の時価総額は8,500万ドル

(約105億7,000万円)。

2013年に株式非公開化を完了した際の時価総額は250億ドル

(約3兆1,000億円)だった。
デルは同社株の70%を今も保有しているが、

資産の大半はその運用のために設立した

民間投資会社MSD Capitalに置いており、

投資先にはマウイのラグジュアリーホテルFour Seasons

やPVH Corp.

(トミー・ヒルフィガーとカルバン・クラインの親会社)などがある。

第11位:アジム・プレムジ
総資産額:191億ドル(2兆3,700億円)

アジム・プレムジが率いるウィプロはインドで

第3位の規模を誇るアウトソーサーで、

リーバイ・ストラウスやケアン・インディアなどと

結んだ新契約を背景に、直近の四半期の純利益は

3億4,800万ドル(約432億7,000万円)を計上している。
プレムジは個人の民間投資会社を介して、

ネット通販Myntra(現在はインド版AmazonのFlipkart傘下)

とSnapdealに投資している。

第12位:ポール・アレン
総資産額:175億ドル(約2兆1,800億円)

ポール・アレンはビル・ゲイツと同じシアトルの私立高校出身。

1975年にゲイツとマイクロソフトを創業した。

その8年後、ホジキン病と診断され、同社を去った。

[ad#co-1] アレンはUnderthinkersという名のロックバンドでギターを弾き、

宇宙に人を送り込むことを目指す航空会社を持つ。

1997年にはシアトル・シーホークスを2億8,800万ドル

(約358億円)で購入。シーホークスは2013年と14年

2シーズン連続でスーパーボウル進出を決め、

同チームの資産価値は現在13億3,000万ドル(約1,650億円)

となっている。

第13位:ポニー・マー(馬化騰)
総資産額:161億ドル(約2兆円)

中国のインターネット企業テンセントを、

世界有数の企業に育て上げた人物。

テンセントのチャットアプリWeChatのユーザー数は

約4億4,000万人。過去2年間に物流企業China South Cityや

eコマース企業JD.comに投資し、EC事業を強化している。

テンセントの会長兼CEOのマーは、深セン大学で

コンピューターサイエンスの学位を修得した。

第14位:ロビン・リー(李彦宏)
総資産額:153億ドル(約1兆9,000億円)

中国の検索エンジン最大手、バイドゥ(百度)のCEO。

リーは情報学の学士号を取得後、1994年にアメリカで

コンピューターサイエンスの修士号を取得。

ダウ・ジョーンズの子会社でコンサルタントを務めた後に、

シリコンバレーの検索エンジンInfoSeekに上級エンジニア

として参加。2000年に中国でバイドゥの共同創業者となった。

近年彼は政治への関与を強めつつあり、2013年、

中国人民政治協商会議の委員となった。

第15位:シブ・ナダール
総資産額:148億ドル(約1兆8,400億ドル)

シブ・ナダールは売上高65億ドル(約8,090億円)

のインドの大手ITサービスプロバイダー、

HCLグループを共同で創業した。

ナダールはHCL Technologies Ltd. を1991年に創業し、

同社は実績を上げた幹部にベンツや海外旅行といった

報酬を与えることで知られている。

第16位:レイ・ジュン(雷軍)
総資産額:132億ドル(約1兆6,400億円)

中国のスティーブ・ジョブズとして知られる

Tシャツにジーンズ姿のレイ・ジュンは、2010年、

友人で同じくビリオネアのリン・ビンと共に急成長する

携帯電話メーカー、シャオミ(小米科技)を設立した。

連続起業家である彼はゲーム会社Kingsoftの役員だ。

レイが出資するインターネットサービス業Xunleiは

2014年6月にナスダックに上場した。

また、レイが共同で創業し、アメリカで株式公開

している中国のソーシャルサイトYYでも役員となっている。

[ad#co-1]

第17位:ハッソ・プラットナー
総資産額:91億ドル(約1兆1,300億円)

1972年にIBMの同僚4人とドイツのソフトウエア企業SAP

を創業し、1988年に上場した。

2003年に同社CEOを退任し、それ以降同社監査役会会長を

務める。SAPは現在、企業間取引向けシステムの最大手となり、

従業員数は全世界で7万4,000人、年間の売上高は200億ドル

(約2兆4,900億円)を超える。

第18位:エリック・シュミット
総資産額:91億ドル(約1兆1,300億円)

Google会長のエリック・シュミットは1983年、

株式公開前のサン・マイクロシステムズに入り、

Javaの開発を率い、CTOを務めた。

ノベル社のCEOを経て2001年から2011年まで

GoogleのCEOを務めた。

現在はGoogleのグローバルアンバサダーを務めるシュミットは、

キューバ、ミャンマー、北朝鮮を訪れインターネットの

規制緩和を推進。2014年にEU司法裁判所が

「忘れられる権利」の判決を下した後は、

ヨーロッパの7都市を歴訪した。

第19位:三木谷浩史
総資産額:87億ドル(約1兆800億円)

日本最大のeコマース企業、楽天の会長兼CEOの

三木谷浩史は常に新しい買収先を探している。

直近では、アメリカのオンライン・キャッシュバック・サイト

Ebatesを10億ドル(約1,240億円)で買収した。

Ebatesは消費者がメイシーズやホームデポなどで買い物をした

際、キャッシュバックの特典が受けられる

サービスを提供している。

三木谷は新経済連盟の代表理事を務め、

安倍首相と共に日本経済の回復に努めている。

彼は東京・渋谷に2,000万ドル(約24億9,000万円)

の自宅を建設し、アメリカにも生活の拠点を設けている。

第20位:クラウス・チラ
総資産額:86億ドル(約1兆700億円)

1972年にドイツのソフトウエア企業SAPを創業。

1998年に第一線を退き、2007年には監査役会からも退いた。

ドイツ最大規模の慈善団体を主催し、3億5,000万ドル

(約435億5,000万円)以上の資金提供を行っている。

[ad#co-1] 「税金として国にお金を託すより、

私が資産を運用した方がよほど社会の

役に立たせることができます」

とチラはウォールストリートジャーナルの取材に応えた。

チラは物理学者で、趣味として天文学にも親しんでおり、

火星と木星の間に彼の名にちなんだ小惑星がある。

自由人の旅ブログ

雇われないで生きる

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です