世界で最も優秀な企業トップ50を発表 2016

m_forbesjapan-12636
m_forbesjapan-12636

マサチューセッツ工科大学(MIT)が、世界で最も優秀な企業トップ50を発表した。それによると、中国企業がますます優秀さを増しており、日本や韓国の企業を追い抜いて米企業に追いつきつつある。

2016年版の同ランキングでは、トップ10に中国企業2社が食い込んだ。2位の検索エンジン大手の百度(Baidu)と、10位の華為技術(Huawei)だ。2015年は3社がトップ10入り、2014年は0社だった。

最新のランキングでトップ10入りしたのは以下の企業。

1.アマゾン(ネット通販、アメリカ)
2.百度(検索サービス、中国)
3.イルミナ(バイオテクノロジー、アメリカ)
4.テスラ(電気自動車、アメリカ)
5.アクイオン・エナジー(蓄電池システム、アメリカ)
6.モービルアイ(運転支援システム、イスラエル)
7.23アンド・ミー(バイオテクノロジー、アメリカ)
8.アルファベット(複合企業、アメリカ)
9.スパーク・セラピューティクス(ヘルスケア、アメリカ)
10.華為技術(通信機器、中国)

10位以下はこちら
■50 Smartest Companies 2016
https://www.technologyreview.com/lists/companies/2016/

日本企業は17位にトヨタ自動車、27位にファナックのみ。

そしてアメリカ企業はやはり圧倒的に強い

1位のアマゾンはみなさんもなじみが深いのではないだろうか?ネット通販の会社だが

1994年にジェフベゾスが作った会社だ

https://ja.wikipedia.org/wiki/Amazon.com

2位は百度、googleについて世界2位の顧客をもつ検索エンジンサービスを提供する中国の会社だ

3位のイルミナという企業は

日本ではほとんど知名度がないかもしれないが遺伝子解析装置の世界最大手企業だ。

■illumina
http://www.illumina.com

■illumina(NASDAQ:ILMN)
http://www.google.com/finance?q=NASDAQ%3AILMN&ei=9aVwV6H4DNiG0gTi0r3oCg

4位のテスラ 南アフリカ出身のイーロンマスク創業の会社。彼は映画アイアンマンのモデルにもなっていますね

5位のアクイオンエナジーもなじみが薄いかもしれないが、蓄電池の会社

6位のモービルアイはオランダに本社がありイスラエルに研究所がある、取引先はBMWなどのメーカー

7位の23アンドミーはgoogleの創立者であるセルゲイブリンの妻アン・ウォジスキが共同創立者を務めるバイオテクノロジーの会社で遺伝子検査キットを販売している

8位 アルファベット みなさんご存知google創業者の二人が昨年、親会社を設立したのアルファベット、googleを子会社にし、googleベンチャーと呼ばれる革新的なアイデアの事業とgoogleを並列とした

9位はスパーク・セラピューティクスは遺伝子治療薬の会者

10位 華為技術 NTTなどにもサービスを提供する、通信機器のソリューションを提供している

さて、先ほどお伝えした通り、日本の企業はたったの2社

世界の株式市場の日本が占める割合は8%、政界の流通通貨の6%が円

世界から大きく離された日本において、これらの海外のテクノロジーや経済の流れを

みておくのはますます重要になっていくと革新している。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です