配車アプリのグラブが7.5億ドル調達 ソフトバンクが追加出資

 9月20日、東南アジアでライドシェアサービスを展開する配車アプリ会社のGrab(グラブ)は、ソフトバンクグループを中心とする投資家から7億5000万ドルの資金を調達したと発表した。写真は都内で6月撮影(2016年 ロイター/Toru Hanai)

配車アプリのグラブが7.5億ドル調達 ソフトバンクが追加出資

 9月20日、東南アジアでライドシェアサービスを展開する配車アプリ会社のGrab(グラブ)は、ソフトバンクグループを中心とする投資家から7億5000万ドルの資金を調達したと発表した。写真は都内で6月撮影(2016年 ロイター/Toru Hanai)

(photo by reuter)

Uber vs Grabの構図が日本でも起こってくれたら、ユーザーはうれしいですね

これからタクシー業界もどんどん変わっていくだろう。自動運転も導入されてきているし

無料でハイヤーに乗る方法!Uberのプロモーションキャンペーン!

[シンガポール 20日 ロイター] – 東南アジアでライドシェアサービスを展開する配車アプリ会社のGrab(グラブ)は20日、ソフトバンクグループ<9984.T>を中心とする投資家から7億5000万ドルの資金を調達したと発表した。同地域でのサービス拡大とモバイルによる支払い機能の向上に投資する。

ソフトバンクは2014年12月にグラブに2億5000万ドルを出資して筆頭株主となり、その後も出資を行ってきた。今回の資金調達もソフトバンクからの出資が中心になる。

配車アプリのグラブが7.5億ドル調達 ソフトバンクが追加出資

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です