『必見』サマーランドを楽しむための裏技・攻略情報

サマーランド (1)

『必見』サマーランドを楽しむための裏技・攻略情報

サマーランド (1)

 

日本最大級のプール「東京サマーランド」の攻略情報を掲載致します。

[ad#co-1]

サマーランドの禁止事項!!

tatto

暴力団関係者、入れ墨・タトゥー(シール・ペイント含む)のある方の入園は禁止です。
プールサイドからの飛び込みは禁止です。
指定の喫煙場所以外は禁煙です。
ビン・カン類の持込は禁止です。
ペットの入場はできません。
遊園地エリアの乗り物に乗る場合には、水着・裸足は不可。プールサイドから出入り自由ですが、Tシャツ等の上着と、サンダルなどの履物が必要です。
チカン・痴漢行為はもちろん法律違反です。(パトカーが来て、連行されているのを見たのは1回や2回ではありません。)

前売券を事前に購入しておこう

前売券・株主優待券だと窓口引換えが不要なので、サマーランドに到着してすぐに「入場の列」に並ぶことができます。
券を持っていなかったり、割引券・JAF割引などを使いたい為に、現地で入場券を購入する場合には、入場列に並ぶ前に、チケット販売窓口の列に並ばなくてはなりませんので、これがまた入場するまで時間を要してしまいます。
JTBのレジャーチケットであれば、割引価格でコンビニで発券・購入可能の前売券ですので、サマーランドに行く当日の朝に購入してから行くと言うワザも使えます。

と言う事で、開園前に到着した場合に、入場口で列に並ぶ場合には、チケットを買う列と、チケットは持っているので入場するのに並ぶ列と2種類ありますので、ご注意を。

ちなみに、フリーパスだと入場口で、手の甲にスタンプ(透明のハンコ)を押してくれます。見えないスタンプである為、アトラクションに乗る際に特殊な光を当てるとそのスタンプが浮かび上がります。
スタンプは、どうも、日付として押されているようです。水にぬれても、多少擦っても、スタンプは残っていますので、ご心配なく。
遊園地とプールは仕切りなど無く、繋がっているので、行き来が自由です。

開園時間は早まる場合があります

東京サマーランドの「夏期間」の開園時間は朝9時です。
しかし、土日祝やお盆などには朝からたくさんの方が訪れて、列が長くなりますので、朝9時より前に入場できてしまう場合が多々あります。(平日を除く)
要するに、朝9時より前に入場して、先に場所取りしたり、着替えたりすることができるのです。よって、土日祝とお盆には、時間が許す限り「早めに到着」したいところです。早く行くと言う事は渋滞回避にもなり、時間を有効に使えます。
ただし、プールへの入水は朝9時を過ぎてからでないと、ライフガードの方に怒られてしまいますので、ご注意を。

なお、デカスラなど、お目当てのアトラクションがある場合には、とにかく朝1番に利用するのがお勧めです。その後は長蛇の列を覚悟しなくてはなりません。

[ad#co-1]

駐車場は充分ありますが渋滞も

圏央道が東名・中央・関越と繋がったことで、サマーランドへの来客数は増加一方です。
その為、お盆を中心にサマーランド周辺の道路は渋滞します。圏央道のあきる野ICも、降りる車が多くて、本線まで渋滞が繋がる事もありますので、運転にはご注意願います。公式の渋滞回避マップPDFはこちら
ただし、サマーランドの駐車場は充分ありますので、車を止められないと言う事はまずありませんのでご安心ください。
しかし、第1駐車場が満車になると、約1500m離れた場所の第2駐車場に誘導されます。第2駐車場は遠いので、無料の送迎バスが随時出発します。(所要5分)
天候にもよりますが、お盆などには朝の7時30分頃には第1駐車場が満車になり、第2駐車場へ誘導されることもあります。
駐車料金は1300円です。
当日はサマーランドのTwitter情報にも注目しましょう。渋滞情報や駐車場情報を配信しておられます。

休憩場所の確保

2014年からは屋外アドベンチャーラグーン・エリアで、有料の休憩席が増えましたが、無料の休憩スペースも増えました。
無料休憩エリアは野外のスリルマウンテン側(山側)に拡張されています。なお、比較的混雑していない(すいている)のは、一番奥の辺り、特にdobon(ドボン)の後ろ側付近です。

有料席は一番安くても4名で5000円なので、私の場合、下記のような簡易テントを持参しています。
下記で買えば4000円以下ですよ。

屋内プール(アドベンチャードーム)エリアでは、簡易テントは禁止となりましたが、屋外では小型であれば設置しても大丈夫です。ただし、通路など通行の妨げになるような設置はNGですので、マナーを守りましょう。
通常の行動パターンであれば、プールの園内に入ったら、まずは「着替え」をすると思いますが、コツを記載します。
朝の開園時間に入園した場合には「サンダル履き」で入園して、水着に着替える前に、そのまま先に屋外に行ってテントを設置(またはビニールシートでの場所取り)をしましょう。
場所取りをしてから、着替えに行くと良いです。ご家族の場合には、全員で移動すると時間も掛かりますので、携帯電話でやり取りして集合できるように事前打ち合わせしておきましょう。
朝の開園に間に合わず、開場時間からだいぶ過ぎてしまった場合には、素直に屋外の「奥の方」に行くと、スペースはまだあると思います。
午後からサマーランドに来た場合には、テントでは無くレジャーシートで良いでしょう。15時を過ぎると、徐々に帰る方が増えますので、無料席も空き始めます。

もし、おじいちゃん・おばあちゃんと言った高齢者の方ともご一緒に来た場合には、本館2階にある無料休憩室(大広間)が冷房も効いていて良いかと思います。

[ad#co-1]

サマーランドのコインロッカー

サマーランドのコインロッカーは、入場口のある本館の地下1階の更衣室・コインロッカー・シャワールームがメインとなります。
通常のロッカーは100円玉が5枚の500円で、開け閉めは何回も自由。帰る際にロッカーのボタンを押すと、100円だけ戻りますので、実質400円です。
男性専用、女性専用とロッカールームが分かれていますが、真ん中に「共用ロッカー」もありますので、荷物は家族で1つのロッカーにまとめてロッカー代を節約する事も可能です。

貴重品ロッカーは、ライフカードの付近にありますが、100円が戻らない式で、1回100円です。
シャワーでのシャンプー、ボディーソープは禁止されてます。

 

 

浮き輪は持参しよう

屋外の流れるプールなどでは、浮き輪は必須アイテムです。
屋外では無料の浮き輪が、ライフカード付近にありますが、そんなに多くはないので、混雑すると無くなります。
園内のショップでも浮き輪などが販売されていますが、非常に高いです。
ただし、空気入れは、ライフガード付近に無料で設置されてます。しかし、圧縮空気式ですので空気を入れすぎると「パン」と、浮き輪が破裂します。よく破裂している方いますので、特にお子様はご注意を。

デカスラは120分待ちだった

2014年に約5億円投資して利用開始になった新アトラクション「デカスラ」ですが、大変人気で混雑しています。

並ぶ前にトイレを済ませて、ドリンクを片手に持って並ぶと良いです。屋根がある部分もあるのですが、気温が高い中、何時間も立ったまま並んでいたら、炎天下ですので熱中症になり兼ねません。途中、列を離れてトイレに行く事はできますが、できれば事前に済ませておきたいところです。
列の先頭付近にあるフリーパス・料金確認地点にゴミ箱がありますので、ゴミは捨てれます。ただし、何か物を手に持ってのボート乗車はできませんので、飲み物や荷物・カメラなどを持っての乗車は禁止となっています。その為、並んでいる間にスマホなどをいじる事もできないので、暇つぶし方法は「会話」のみです。
デスカラ(デカいスライダー)の丸いボートは4名~6名乗りで、乗車する方の体重によって、人数が異なります。例えば2名であれば、他のお客さんと同乗となりますので、係員さんの指示に従ってください。
ちなみに、この日のタワーズロックは80分待ち。dobon(ドボン)は、コースが短く回転率も良いので10分待ちといったところでしたが、待ち時間は天候にも左右されますので、ご参考まで。

なお、閉園間際を狙おうとする場合には、120分待ちの場合、19時30分終了であれば、17時30分までには並び始めないと、その後は受付終了と言う事になります。
少しは緩和されてるだろうと結構、終了間際を狙う方も多いようで、終了間際までずっと混雑すると考えた方が良いです。

東京サマーランド デカスラ

あると便利な持ち物の「まとめ」

駐車場代 1300円
前売券
コインロッカー代 100円玉 X 5枚
浮き輪(人数分)
ビニールシート (または簡易テント)
日焼け止め
サンダル
ゴーグル
目薬
飲み物

サンダルがないと、晴天の場合、屋外は地面が熱くて歩けません。裸足だと子供は足が熱くて泣きます。できれば、自動車を降りる時からサンダルに履き替えて入場すると、余計な荷物も減って良いです。100円ショップのでも良いのでサンダル持参しましょう。
飲み物も園内は高いので、最低でも最初に飲むのくらいは持参するとちょっとは節約になります。クーラーボックスで、昼食も持参すると家族の場合の節約度は大きいです。ただし、冷やさないと飲食物は食中毒キケンですので、保冷剤などは必須ですね。
日焼け止めも必須です。「ラッシュガード」を持参すると更に良いですね。年々、紫外線は強くなっていますので、日焼けしないようにして、子供が大人になった時の皮膚がん防止対策しましょう。もちろん自分にもどうぞ。

[ad# co-1]

特に子供の目を守るのには「スイミング用ゴーグル」が良いです。
東京サマーランドのプールの水は「地下水」です。安全な地下水で、ろ過もしていますが、基本的に飲めない水です。
ゴーグルをしていれば、消毒の為の塩素によって乱視になるのを防いでくれるだけでなく、UVカット付ゴーグルであれば、紫外線からも眼を守ってくれます。ゴーグルはホームセンターなどで安く手に入ります。
もちろん、目薬も忘れずに持参したいところですね。

雇われない生き方〜ビジネス.com

自由人の旅ブログ

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です