JR東日本の臨時快速列車「ナイトビュー姨捨」が「日本夜景遺産」認定される

ナイトビュー

JR東日本の臨時快速列車「ナイトビュー姨捨」

がこのほど、夜景観光コンベンション・ビューローによる

「日本夜景遺産」に選ばれた。

[ad#co-1] ナイトビュー

 

日本夜景遺産」とは、

日本各地に埋もれている美しい夜景を再発見、

または発掘して紹介し、

観光資源としての夜景の存在をアピールする活動。

夜間景観要素により、自然夜景遺産、施設型夜景遺産、

ライトアップ夜景遺産、歴史文化夜景遺産の

4つに分類されている。

「ナイトビュー姨捨」

はこのうち、「施設型夜景遺産」の認定を受けた。

なお、姨捨駅と姨捨サービスエリアは

すでに自然夜景遺産として認定を受けており、

施設型夜景と自然夜景の

2つの組み合わせが同一地域で認定されるのは

今回が初めて。列車の認定は全国2例目となる。

「ナイトビュー姨捨」は、

日本三大車窓に選ばれた姨捨駅からの

夜景景観を楽しんでもらうため、

長野~篠ノ井~姨捨間(信越本線・篠ノ井線経由)で

運行する臨時快速列車。

「リゾートビューふるさと」

[ad#co-1]

 

車両(HB-E300系2両編成)で運行され、

姨捨駅での停車時間には、

地元の人々によるホームでの夜景案内、

民話の語り、味噌汁のふるまいなどを楽しむことができる。

自由人の旅ブログ

雇われないで生きる〜ビジネス.com

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です