コーラを飲んでから1時間以内に我々の体に何が起きるのか?

コーラ

コーラを飲んでから1時間以内に我々の体に何が起きるのか?

コーラ

[ad#co-1]

日本はそこまでではないが、海外では大量に炭酸飲料が消費されているようで、その糖分や体に与える影響などが問題となっている。そこでこんなインフォグラフィックが作られていた。コーラを口にしてから60分間で身体に起きる現象が一目瞭然だ。

No image

[ad#co-1]

インフォグラフィックの製作者ニラジ・ナイク(Niraj Naik)氏は、かつて大勢の高血圧や糖尿病患者の薬摂取をやめさせることに成功してきたという。そうした患者の多くは、日常的に炭酸飲料を飲む習慣があった。そこで、ナイク氏がしたアドバイスは、炭酸飲料の代わりにレモン果汁やライム果汁を絞った水を飲むことだったそうだ。

これだけでも、健康は劇的な改善を見せた。つまり、炭酸飲料や砂糖は高血圧や、糖尿病あるいは心疾患といった代謝の疾病に大きく関係しているということだ。ナイク氏の研究によれば、よくこうした病気の犯人として挙げられる飽和脂肪や高コレステロールよりも、砂糖の方が大きな要因であるそうだ。

No image

歯に対する影響も深刻だ。コーラのような炭酸飲料水は砂糖やリン酸が大量に含まれており、歯を溶かすと言われている。また、色の濃い飲料は歯を汚す恐れもある。細菌が酸を作り出すために必要な時間はわずか20秒である一方、酸の効果は30分も続く。そして、時間をかけて飲むほどに、この効果は上昇する。

最近イギリスの健康保健サービスは、1日の許容砂糖摂取量をティースプーン10杯から、7.5杯に変更した。この基準にしたがえば、コカコーラを1缶飲んだだけで、許容量を上回ってしまう。

[ad#co-1]
No image

なお、コカコーラ社の広報担当者は、「コカコーラは129年以上も愛飲されてきました。他の清涼飲料水と同じく、まったく安全で、バランスのとれた食生活とライフスタイルの一環として楽しんでいただけます」とコメントしている。

 

まあこれコーラに限らず、カフェインを含んだ色の濃い炭酸飲料は全て該当するということだろう。確かにコーラを飲むと歯が溶けるという都市伝説は日本にも存在した。コーラに含まれるリン酸は国連分類クラス8の腐食性物質として認定されており、歯の成分であるカルシウムは酸に溶けやすいためずっと浸しておけばそりゃ溶けるだろう。

[ad#co-1]

ただコーラに含まれているリン酸は、一定基準以下に薄められている上にコーラのような液体が口の中でずっと歯にくっ付いているのは事実上困難なので、一日中ずっと口にコーラを含みながら生活をしない限りはそこまで心配することはないだろう。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です