薄毛の原因とメカニズム

シャンプー選び

薄毛の原因

薄毛の原因とそのメカニズムとは一体何なの?

 

[ad#co-1] シャンプー選び

薄毛になってしまう人は多い。その原因は人それぞれ異なり、さまざまな要因によって引き起こされることになる。
たとえば、男性ホルモンの影響により薄毛になる人は男性に多い。それ以外にもストレスの影響や食生活、遺伝的要素といったものが関わっている。
薄毛の原因が一体何であるのかを特定することができれば、適切な治療法を選択できるようになる。そのため、薄毛の原因やそのメカニズムについての知識は大切なものである。
それぞれの原因とその仕組みについて説明する。

ホルモンの影響とは

男性ホルモンは体を男性的にするように作用する。たとえば、ヒゲや体毛が濃くなったり、筋肉質な体となるのは男性ホルモンの働きによる。
また、男性ホルモンには髪の毛を薄くする作用を有している。この効果によって薄毛が進行してしまうのである。そのため、男性の薄毛治療の際に処方される薬の中には男性ホルモンを抑える成分が含まれていることが多い。その成分によって、男性は薄毛の状態を改善することができる。
しかし、男性ホルモンを抑えることになるため、副作用が生じる可能性もある

ホルモン

ストレスによって薄毛となる

ストレスは髪の毛に限らず体のあらゆる細胞や組織に影響を与えてしまう。
たとえば、ストレスによってヘアサイクルが乱されてしまい、十分に成長する前の髪の毛が毛根から生えてくることがある。これは薄毛の原因となる。
元気のない髪の毛が生えてしまうと、それは抜けやすくなってしまう。これによって、髪の毛の脱毛が進行してしまうこともある。ストレスが原因となっている場合は、薬を使ったり、食事を改善してもなかなか治らない場合が多い。ストレスの根本的な理由を取り除かないと解決できないのである。

ストレウ

十分な栄養が足りていない

髪の毛を作り出すためには栄養が必要である。普段の食事の中で十分な栄養を摂取していれば、それがきちんと毛根の細胞にまで運ばれてゆく。しかし、特定の栄養が不足してしまうと、髪の毛を作るための材料が足りなくなるため、不完全な状態で髪の毛が生えてしまう。
このような髪の毛は細くて、弱っているためすぐに抜けてしまう。
どのような栄養素が髪の毛には必要であるのかを確認して、その栄養素を重点的に補給する必要がある。栄養が足りるようになれば、また元気な髪の毛が生えてくるようになる。

栄養

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です