鳥になれる!?ウィングスーツで空を飛び回る!

wingsuit

鳥になれる!?ウィングスーツで空を飛び回る!

[ad#co-1] wingsuit

 

現代のウイングスーツ (Wingsuit) は、1990年中頃にフランス人スカイダイバーパトリック・デ・ガヤルドンによって考案された、手と足の間に布を張った滑空用特殊ジャンプスーツである[1]ムササビスーツと呼ばれることもある。

1999年にはフィンランドのBIRDMAN社から世界初の市販ウイングスーツが発売された[2]。また飛行機の翼のようなタイプは「ウイングパック」 (WINGPACK) と呼ばれ、カーボンファイバーなどで出来た硬い翼を身に着けて滑空する。

ウイングスーツで飛ぶことを、“ウイングスーツフライング” または “スカイフライング” と呼び、ウイングスーツで飛ぶ人のことを、“ウイングスーツ・パイロット”、“ウイングスーター”、“スカイフライヤー” と呼ぶ。

自由人の旅ブログ

雇われないで生きる〜ビジネス.com

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です