スペースワールド、閉園へ 経営難理由か、2017年末

201612160010_001_m

スペースワールド、閉園へ 経営難理由か、2017年末

201612160010_001_m

北九州市八幡東区東田地区にあるテーマパーク「スペースワールド」が、2017年12月末で閉園することが16日、西日本新聞の取材で分かった。経営難が理由とみられる。同園が同日午後にもホームページ上で発表する。新日本製鉄八幡製鉄所(現・新日鉄住金八幡製鉄所)の遊休地に1990年に開業し、九州を代表するテーマパークの一つだった同園は、営業開始から四半世紀超で幕を閉じることになる。

関係者によると、同園は15日に従業員らへの説明を終えた。

総面積24万平方メートルでヤフオクドーム(福岡市)3個分超の同園は約300億円を投じて、宇宙をテーマにしたレジャー施設として90年4月22日にオープン。宇宙体験学習施設や“絶叫マシン”と言われる大型アトラクションが人気を集め、ピーク時の97年度には、年間216万人の入場者数を記録した。98年からは北九州市の成人式も行われた。

その後は、他のテーマパークとの競争激化などで、徐々に客足が遠のき、親会社の新日鉄は2005年5月、民事再生法の適用を申請。同年7月に加森観光(札幌市)に営業譲渡し、同社が運営を継続してきた。

加森観光は08年春、大人1万4700円の年間フリーパスを5千円以上値下げ。収益構造を抜本的に改善するため、100人以上いた正社員を一気に半減させた。前後して集客力向上に向けた冬場のアイススケート場や夏場のプールなどを計20億円近くかけて相次いで整備していた。12年度の入場者数は約164万人。近年は入場者数を公表していなかった。

今年11月には、魚など5千匹を氷漬けにしたスケートリンクを来場者に滑らせる企画にインターネット上で「残酷」などと批判が相次ぎ、中止していた。

同社は「今は回答を控えたい」としている。
■スペースワールドの歩み

1990年4月 新日鉄工場跡地に開園
1993年度  年間入場者数200万人突破
1994年  傾斜角度60度(当時世界最大)のジェットコースター「流星ライナータイタン」を導入
1997年度  入場者数ピーク。216万人
1998年1月 北九州市の成人式を開催(2013年まで)
1998年8月 落下式絶叫遊具で事故。12人重軽傷
1999年7月 JR鹿児島線に「スペースワールド駅」開業
2000年3月 大観覧車「スペース・アイ」が登場
2005年5月 民事再生法の適用を申請
2005年7月 「加森観光」に営業譲渡
2007年12月 ジェットコースターの事故で13人負傷
2012年度  入場者数164万人
2015年4月 開業25周年
2016年12月 17年末での閉園が判明

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です