107歳まで生きる確率が50%に!

161130tanakatasurou_eye-700x336
161130tanakatasurou_eye-700x336

2007年以降に生まれた日本人は107歳まで生きる確率が50%

これは衝撃のニュースだ。

日本は高齢化が進んでいることはみんな知っているけど

以外に自分ごとになっているひとは少ない。

107歳まで生きてしまったら、定年65歳まで働いたとして

107歳まで42年。この生活費はどこからでてくるのか?

健康と運用の知識がますます必要になってきている。

『Life Shift 100年時代の人生戦略』という本に驚くべきことが書かれています。なんでも、2007年に生まれた日本人は、107歳まで生きる確率が50%あるというのです。

情報源: 107歳まで生きる確率が50%に!「人生100年時代」に必要な運用力とは=田中徹郎 | マネーボイス

 

独立への道

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です