トヨタとスズキ、先進技術で業務提携検討 他社にも参加呼び掛け

10月12日、トヨタ自動車とスズキは、両社の協力関係の構築に向けた検討を開始すると発表した。写真は9月29日、パリで撮影(2016年 ロイター/Benoit Tessier)

トヨタとスズキ、先進技術で業務提携検討 他社にも参加呼び掛け

10月12日、トヨタ自動車とスズキは、両社の協力関係の構築に向けた検討を開始すると発表した。写真は9月29日、パリで撮影(2016年 ロイター/Benoit Tessier)

10月12日、トヨタ自動車とスズキは、両社の協力関係の構築に向けた検討を開始すると発表した。写真は9月29日、パリで撮影(2016年 ロイター/Benoit Tessier)

[東京 12日 ロイター] – トヨタ自動車<7203.T>とスズキ<7269.T>は12日、環境、安全、情報技術などで業務提携に向けた検討を開始すると発表した。

他社にも参加を呼び掛ける。

両社は同日午後6時半から、都内で共同記者会見する。トヨタの豊田章男社長とスズキの鈴木修会長が出席し、詳細を説明する。

発表によると、スズキは軽自動車を中心に価格競争力の高い車づくりに強みを持つが、「先進技術の開発に課題を抱え、危機感を持っている」。一方、トヨタは環境や安全、情報等に関する技術開発に取り組んできたが、「欧米各社に比べて仲間づくり、標準づくりの面で遅れている」とし、両社の課題解決に向けて業務提携が有効と判断したという。

今回の提携協議入りは、鈴木会長がトヨタの豊田章一郎名誉会長に申し入れた。また、提携の構想は両社以外にも開かれており、「将来的には標準化にもつながるものと考えている」。

トヨタとスズキ、先進技術で業務提携検討 他社にも参加呼び掛け

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です