【EU離脱】が世界にどう影響するのか?

20160602_wb_nl01_1
20160602_wb_nl01_1

6月23日のイギリスEU離脱により東京市場では、

日経平均が1000円以上も下落し、ドル円は一時99円台まで下落するなど、

ややパニック的な動きとなった。

24日の欧米市場でもリスク回避の動きが強まり、

ダウ平均は610ドル安となるなどしたが、肝心のロンドン株式市場はいったん急落したものの、

英国の通貨ポンドも急落したことで輸出株などが買われて、こちらは下げ幅を縮小させた。

ただし、27日のロンドン株式市場は続落となっていた。

ポンドの価値が31年前の水準まで低下、世界の株式市場から

2兆ドル(約200兆円)を超える資産が一夜にして消失。

しかし、株価の値上がりをみせている企業もある

テスラモーターや山崎パン、カルビーなどは値上がり

英国のEU離脱により、たとえば英国の信用が大きく低下し、

英国債が売られるようなことも考えづらく、英国債は買い進まれていた。

27日にS&Pは英国の最上位トリプルA格付けを2段階引き下げ、A

Aとしたがこれにより英国債への影響も限定的ではなかろうか。

■【EU離脱】えっ今さらその言葉をググるの? 離脱に投票し後悔する人たち
https://www.buzzfeed.com/sakimizoroki/euref-your-vote-matters-yeah?utm_term=.clQyGaX8O#.jcR1vadO3

Googleトレンドによると、開票結果が判明した翌朝、1時間あたりの検索が3.5倍にはねたワードが「EUを離脱したら、なにが起きる」。

さらに開票結果が公式に伝えられてから、イギリスで最も多くググられたEUに関する質問は「EU離脱が意味することは?」。そして、2位が「EUとは?」。3位は「EUの加盟国は?」だったとか。

そして結論は離脱に投票した人は後悔している、と結んでいます。

情報が無料で取れる時代になったことで

情報の価値を読み取る判断力とスピードが問われる時代になった

松村☆D☆Hiro克オフィシャルサイト

ビジネスドットコム

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です