男子100mのアサファ・パウエル選手の調整練習

パウエル
パウエル

注目の男子100mのアサファ・パウエル選手の調整練習で、

スタート練習の貴重な映像がありましたので、

簡単に分析していきます。

まず目につくのは190㎝の身長がありながら出だしの

低い姿勢です。
普通スタートで低く出ようと意識しても大半は

ブレーキのかかる接地になってしまい、

最悪つまずいてしまったり、耐えきれずバランスを

崩してしまったりします。
しかしパウエル選手は物凄い低い姿勢から飛び出しても

一切潰れていません。
その理由の一つは、股関節の可動域が広いという

所にあると思います。
上半身をうまく使って股間節の動きと連動させ、

左右の脚を大きくしっかり引き上げ、前から後ろの方向に力

を加えながら地面をしっかりプッシュ。

可動域の左右差もあまりないので、

推進力がしっかり出ていますね。
身長も190㎝あるので、その動きが出来るとストライドは

物凄く大きくなります。

[ad#co-1] 身体のキレも出てきているように見えますし、

北京世界陸上ではどのように仕上がった走りを見せて

くれるのか非常に楽しみです。

ただガムシャラに脚を回すのではなくて、

地面をしっかりとらえてプッシュ。

接地時につま先を落とさず股間節で脚を引き上げて切り替える。
この基本的なスタートの技術が集約されている

世界一綺麗なスタートのパウエル選手の映像を見て、

皆さんも練習の参考にしてみてはいかがでしょうか?

自由人の旅ブログ

雇われないで生きる〜ビジネス.com

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です