マラソン完走翌日にに死去!?DAIGOの愛犬「見守ってくれたんだね」

ダイゴ

DAIGO、マラソン完走翌日に愛犬が死去「見守ってくれたんだね」

ダイゴ

日本テレビ系『24時間テレビ38 愛は地球を救う』

(22~23日放送)のチャリティーマラソンで

100キロを完走したDAIGOが、25日に自身のブログを更新。

完走した翌日の24日に愛犬の「リリィ」が亡くなったことを

打ち明け、「ちゃんと見守ってくれてたんだね」

と哀悼のメッセージをつづった。

DAIGO、100キロ号泣完走「HM、走りました!」

ブログで「内藤(DAIGOの本名)家の愛犬リリィが

天国に旅立ちました。

13歳と9ヶ月 人間にしたら80歳弱 長生きしてくれました」

と報告。ずっと調子が悪かったというが、

「もしマラソン中だったら母親も姉も武道館まで

来れたかわからないし マラソンを見届けてから旅立ちました」

と、DAIGOの大仕事を見届けてから

天国に旅立ったことを明かした。

DAIGOは愛犬を

「飼い主想いの素敵なワンちゃん

本当に可愛い可愛いワンちゃんでした」

[ad#co-1]

と振り返り、食欲がおう盛だったリリィに好物の

マルボーロを口でキャッチさせていたエピソードなど、

一緒に過ごした日々を回想した。

テレビでリリィとのエピソードを語るなど、

ファンにもその存在は知られていた。

DAIGOはブログの終盤に2週間前に一緒に

撮影した写真を添えて、

「本当に可愛いかったよ よく頑張ってくれました

自慢の愛犬です」

と改めてリリィを紹介し、

「今でもドアを開ければリリィがいるようで

凄く寂しいけど本当にありがとう。幸せをありがとう」

と感謝の言葉で締めくくった。

自由人の旅ブログ

雇われないで生きる〜ビジネス.com

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です