ビールを飲んで脱水症状を起こすワケ 酷暑が終わっても、体の「異変」を見逃すな!

1

ビールを飲んで脱水症状を起こすワケ 酷暑が終わっても、体の「異変」を見逃すな!

1

 

このところ若干過ごしやすい気温になってきましたが、

熱中症関連のニュースはまだちらほら見られます。

8月末から9月にかけても、再び厳しい残暑に見舞われそうですね……

[ad#co-1]

テレビなどで見る天気予報の気温は空中の

温度を指しているので、実際に人が体感している温度

とは異なる場合もあります。

皆さんの体の保水量は本当に大丈夫でしょうか?

夏にのどが渇いた状態で水分補給をする際には、

がぶ飲みぐらいの水分量でちょうどいいと言われています。

が、そもそも体が「のどが渇いた」と感じてくれないと、

自分でも水分不足に気づかないもの。

ご自身の体に次のような異変が出れば、

それは脱水症状のサインかもしれません。

・手足がしびれる
・立ちくらみがする
・筋肉がつる(夜明けの脚のこむら返りなど)
・頭痛がする
・体や顔がほてる、だるい
・吐き気がする

 

「気温」ではなく「暑さ指数」に注目!

これらはどれも、体の保水量が足りないときに起こる

可能性のある症状。

男女ともに多く見られるものなので、

汗をかくことを気にするあまり水分を控えている方は

要注意です。

[ad#co-1]

近年の天気予報では「気温」だけではなく「暑さ指数」

というものも発表されているので、

そちらの数値もチェックしておきましょう。

暑さ指数は人体と外気との熱のやりとり(熱収支)

に着目した指標。

気温以外にも湿度や日射・輻射(ふくしゃ)などを

加味して算出され、これが28度を超えてくると、

熱中症患者が著しく増える傾向にあります。

単純に気温だけを見て「危険な酷暑は終わった!」

と安心してはいけません。

また、気象庁が発表している「最高気温」は、

芝生の1.5m上での直射日光の温度を基準としているため、

照り返しの強いアスファルトの道路上では、

体感温度が+5℃ぐらい高いと想定しておきましょう。

アスファルトの照り返しは熱気だけでなく、

目にもダメージを与えます。水分補給と共に、

ビタミンAやアントシアニンなど、

目を守る食材も摂取しておきましょう。

日中の水分補給は、のどが渇いていなくても

数時間置きに摂取するのがベター。

[ad#co-1]

 

汗で体内の塩分もなくなっていくので、

ソルティウォーターなどナトリウム入りの飲料や梅干し、

塩辛いものも適宜食べておきましょう。

夏は汗や尿などで1日平均約2~2.5リットルの水分が

体から奪われるので、その分は飲料水だけでなく、

夏野菜や果物などからも補いましょう。

アルコールだけでは水分補給にならない?

また、暑い日は「会社帰りにビール!」、

そして夏休みは「昼間からビール!」といきたいところですが、

体が脱水状態の時にビールやアルコールをがぶ飲みしても、

残念ながら水分補給にはなりません。

むしろアルコールの利尿作用は、排泄時に必要な水分まで

奪ってしまい、結果的に脱水症状をひどくしてしまう場合

があります。ビールを飲み始める前に水を1杯飲むなど、

ワンクッション置く対策を講じてください。

[ad#co-1]
〈みわ子流、水分補給を助けるコンビニアイテム!〉
・ソルティウォーター
ソルティウォーターにはほんのりとした甘みと塩分、
そして野菜や果物のカリウムも入っていて、
夏場には理想的な水分補給と言えるでしょう。
・ミネラルウォーター + 酢昆布
ミネラルウォーターだけでは塩分が足りなくなり、
体に保水できない可能性が出てくるので、
酢昆布なども一緒にいただきましょう。
塩分と共に昆布のミネラル、酢のクエン酸が体を
守ってくれるでしょう。
・カットフルーツ
夏のコンビニにはスイカやメロン、
パイナップルといった水分量の多い夏のフルーツが
並んでいます。少量の食塩をかけていただくと、
保水力がアップするでしょう。
・夏野菜のマリネや漬物
きゅうりやなすなど、夏野菜の漬物セットもオススメ。
お弁当についている漬物も残さずいただくようにしましょう。
マリネ類はお酢も使用されているので、
さらにクエン酸がプラスされて理想的です。
・梅干しを1日1粒食べる習慣をつける
梅味のガムやキャンディでもOKです。
クエン酸と共に塩分を補給でき、
体内の必要な水分を調整してくれるでしょう。

 

水分補給は必須ですが、塩分の入ったキャンディやガムなど、

持ち歩きできるもので工夫して塩分も補っておけば、

体に必要な水分が保て、脱水症状を回避できるかもしれません。

まだまだ続く残暑、少しの体の異変も見逃さず、

乗り切りましょう!

自由人の旅ブログ

雇われないで生きる〜ビジネス.com

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です