プリン体って何!?どこからが取りすぎ??

いくら

 

 

 

 

 

 

プリン体って何!?どこからが取りすぎ??

いくら

 

人体ではプリン体は肝臓で代謝され、

尿酸となって体外に排泄されます。

そして食品でプリン体を多く含むものはレバーや白子。

レバーは動物の肝臓、白子も雄の魚の腹にある

内臓の一種なので、要するに人と同じくプリン体を

代謝する場所に多く含まれているということです。

酒類はビールにいちばん多く、

日本酒などにも含まれます。

一方でワインや焼酎には極微量しか含まれていないので、

アルコール度数の低いお酒を好む方はビールよりもチューハイ、

アルコール度数が高めのお酒を好む方は日本酒より

ワインにするといいかもしれません。

プリン体は、摂りすぎると痛風や高尿酸血症など、

主に「尿酸」が原因の病気になりやすくなります。

人の体ではつねに1200mgの尿酸が蓄積されており、

それが正常値と考えられています。限界は1500mgで、

それを超えると先述の病気のリスクが高くなります。

特に痛風は、近年中高年だけでなく、

30~40代男性の発症も増えているようです。

レバーや白子を毎日大量に食べる機会は少ないと思いますが、

飲酒でのプリン体の摂りすぎには注意が必要。

[ad#co-1]

ちなみに、プリン体が悪影響とならないお酒の目安量は、

ビールなら1日500mlまで、日本酒は1合までです。

自由人の旅ブログ

雇われないで生きる〜ビジネス.com

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です