年収35億円の女社長!!米小売業界で最も稼ぐ女性とは?!

TJX-Companies-CEO-Carol-Meyrowitz1

米小売業界で最も稼ぐ女性重役は年収35億円

TJX-Companies-CEO-Carol-Meyrowitz1

アパレルや小売業界の売上を支えるのは女性の購買力だが、

こういった企業の上層部に女性の姿を見ることは今でも稀だ。

米ファッション業界誌『Women’s Wear Daily (WWD)』は、

上場小売企業で高給を稼ぐエグゼクティブたちの一覧を作成、

彼らの平均年収が1390万ドル(約17億円)

に上ることを明らかにした。

リストの1位を飾ったのは、

アパレルや家庭用品チェーンを展開するTJX Companiesの

キャロル・メイロウィッツCEO だ。

現在61歳の彼女は、2014年に総額2870万ドル(約35億円)

の報酬を受け取った。 3300店舗を統括する

メイロウィッツの基本年棒は150万ドル(約1億8000万円)だった。

女性で上位10人にランクインしたのはメイロウィッツだけで

、リスト全体ではわずか5人の女性のうちの1人だ。

2位は、年収2810万ドル(約34億3000万円)

のターゲット社のブライアン・コーネルCEO。

3位はヴィクトリアズ・シークレットを買収し、

Bath & Body Works社を創業した、

Lブランズ社のビリオネアCEO レスリー・ウェクスナーだ。

[ad#co-1]

オハイオ州を本拠地とするウェクスナー氏の、

昨年の報酬は2400万ドル(約29億3000万円)だった。

氏は純資産71億ドルを誇っている。

この他、5位には小売り最大手ウォルマートの

米国部門CEO グレゴリー・フォラン (1950万ドル)、

6位にはウォルマート・ストアーズのダグ・

マクミロンCEO(1930万ドル)がランク入りした。

その他、ウォルマートの国際主任の

デヴィッド・チーズライト(1070万ドル)、

同社の会員制倉庫型店舗サムズ・クラブのロザリンド・

ブリュワーCEO(960万ドル)、

グローバル・eコマース部門CEOのニール・アッシュ

(940万ドル)といった具合に、

ウォルマートの重役ら5名がランクインした。

[ad#co-1]

Lブランズからスピンオフしたアバクロンビー&フィッチ

について言うと、同社CEOを最近退職した

マイケル・ジェフリーズの2014年の報酬が

1260万ドル(約15億4000万円)。

新社長のクリストス・アンジェリデスは

940万ドル(約11億5000万円)だった。

自由人の旅ブログ

雇われないで生きる

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です