“LINEを超えるアプリ”「Kik」2億人のチャットアプリ

kik

“LINEを超えるアプリ”「Kik」2億人のチャットアプリ

kik

「KikのID教えてよ!」――

米国のテイーンエイジャーらの間では、

今や日常的にこんな言葉が交わされている。

6年前にローンチされたメッセージアプリのkikは、

米国の10代の40%が利用中。

世界で2億4000万人の登録ユーザを抱えている。

サンフランシスコの高校教師によると、

生徒らにとって今やFacebookは「全くクールではない」という。

今週、Kikは同社のさらなる成長に向けて、

中国のIT企業大手、テンセント社との提携を発表した。

テンセントはKik社の株式の一部を

5000万ドル(約61億8000万円)で購入。

これにより、Kikの市場価値は10億ドル(約1240億円)を越えた。

Kikはこの資金を用い、社員数を現状の倍の200名に増員。

さらなるユーザーの獲得に乗り出していく。

Kikの特徴的なサービスと言えるのが「ボット」だ。

KikはJamと呼ばれる音楽サービスを持ち、

そこでチャット・ボットを用いてユーザの音楽の嗜好を判別し、

類似したユーザらをつなげている。

現状では低グレードのAI(人工知能)的なシステムだが、

長期的にはより洗練されたものに仕上げていく。

Kikを手助けするテンセントは中国で最も

人気のメッセージアプリWeChatを所有し、

その利用者は5億人を誇る。

[ad#co-1]

WeChatは競合アプリのLINEやWhatsApp、

Kakaoのずっと先を行っている。

Kik創業者でCEOのテッド・リビングストーンは28歳。

彼によると、
「中国では自動販売機をWeChatでスキャンすることで

好きなものを注文できる。

また、WeChatを通して医者の予約を取ったり、

犯罪を警察に通報することも可能だ」という。

Kikは現状ではWeChatほど多機能ではないが、

多くのことをそこから学べるという。

リビングストーンがライバル視するのは

FacebookのMessengerプラットフォームだ。

MessengerはKikの3倍以上のユーザ数を誇り、

7億人のユーザを持つ。
「我々はFacebook Messengerが数ヶ月前に立ち上げた

ネイティブ・プラットフォームと同じ物を4年前に

既に立ち上げていた」とリビングストーンは言う。

彼は以前から「チャットはコモディティ(消費財)だ」

と主張していた。

[ad#co-1]

Kikはチャットだけでなく、ユーザが遊べる

アプリやカードを提供してきたが、

もうアプリの成長には期待できないという結論に達した。

調査会社のコムスコアのデータによると、

米国人の3分の2は、もはや新しいアプリを全く

ダウンロードしないという。

Kikは現在、チャット・ボットに注力している。

昨年、Kikはマーケティング担当者を招き入れ、

自動化されたチャット・ボットとユーザーを

会話させる試みを始めた。「ロボットとの会話」

というと奇妙に聞こえるかもしれないが、

Kikでは既に1600万人のユーザが、

ボットとの会話を経験している。

「ボットはKikの将来の成長にとって、欠かせないツールになる」とリビングストーンは述べている。

WeChatとの提携で、Kikはボットの機能を進化させる。

例えば自動販売機上のQRコードをWeChatでスキャンすると、

ボットが自動販売機とチャットを開始し、

ユーザが欲しい物を尋ねる。ボットは人々だけでなく

「全ての物との会話を可能にする」とリビングストーンは言う。

マーケットリサーチ企業のGlobalWebIndexの調査によれば、

2015年にKikユーザの約3分の1近が「チャット・ボット」

を通じ、広告主のブランドに接触した。

[ad#co-1]

一方でFacebook Messengerでの広告接触率は

全ユーザの13%だった。

「相対的に見てKikユーザのほうが、

Facebookよりも広告接触率が高い」

とGlobalWebIndexのアナリストは述べている。

リビングストーンは「将来的にはKikのようなチャットアプリが、

iOSやAndroidを置き換えるポジションをとる」

と信じている。ユーザーはボットを通じて、

全てのサービスと接触するようになるというのが彼の考えだ。

元ブラックベリーのエンジニアのリビングストーンは

過去6年間に渡り、WeChatと話し合いを続けてきた。

彼はMedium上で「西洋諸国でのWeChatを目指したい」

という記事を公開し、その結果、

WeChatが提携に関心を示したという。

リビングストーンはテンセントとの提携にあたり

「ティーンエイジャーが必要とするサービスを

考えることが大切だ。 WeChatにはその可能性

の全てがつまっている」と述べている。

自由人の旅ブログ

雇われないで生きる

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です