経済破綻、ハイパーインフレ・・・資産を何に変えればいいの!

Coins spilled from broken piggy bank

金、不動産、外貨……経済破綻でも一番強いのは

 

Coins spilled from broken piggy bank

ハイパーインフレか、財政破綻か

表を拡大
悪化する日本の財政事情

かねてから私は日本が財政破綻に陥る危険性について

指摘してきたけれど、もしも自民党の安倍総裁が

選挙前におっしゃっていたことを本当に実施するなら、

財政破綻は免れるでしょう。

ただし、その代わりにハイパーインフレへの道まっしぐらです。

その結果、国が抱えている976兆円の借金は

紙クズ同然になってしまいます。

ハイパーインフレとは、たとえば、極端ですが、

タクシー初乗り運賃が9兆円になる場合を

イメージしていただければわかりやすいと思います。

ドイツでは、1923年1月に250マルクだったパン1個が

その年末には3990億マルクになり、

給料をもらっても1~2日目にパンを買うと

3日目からはお金が尽きてしまうという状況になったのです。

もっとも、現実的には自民党も

そこまで大胆な手は打てないと思います。

[ad#co-1]

間違いなく言えるのは、ハイパーインフレに

見舞われようが財政破綻に陥ろうが、

どっちに転んでも地獄だということです。

日本でも終戦直後にハイパーインフレが発生し、

46年には預金封鎖が実施されたことがあります。

預金封鎖とともに円紙幣の新券切り替えを行うことで、

ハイパーインフレの抑制とともに国民財産の

剥奪を行ったわけです。

このようにハイパーインフレでは、

財政破綻と同じような地獄が待っています。

歴史を振り返ってみても、

インフレ率を2~3%程度のほどよいところに

抑え込むのは難しく、

今まで各国の中央銀行がことごとく失敗しています。

ハイパーインフレが起こらなければ、

日本の財政はまったく改善されないまま

悪化が続いていきますから、

破綻の日が刻一刻と迫ってきます。

すでに赤字は極限まで達しているのに

今後もどんどん増えていきますから、

具体的にいつかはわからないものの、

破綻する日は遠くないと私は思っています。

[ad#co-1]

80年代の株・不動産のバブル崩壊を予測できた人は

皆無でしょう。

バブルが極限まで拡大するとほんのささいなことで

ポンと破裂するのが常です。

 

ここまで財政状況が悪化すると、

考えられる道筋としては財政破綻という

ガラガラポンが起き、

昔の進駐軍と同じようにIMFが入ってきて、

日本を変えるというものです。

それで日本は再生します。

オーストリアの経済学者シュンペーター

の言うところの「創造的破壊」です。

だから今回、起こるのは第二次世界大戦と同じ敗戦。

でも、戦争じゃないだけラッキーということでしょうね。

ガラガラポンが起きるとき、

そんな国の通貨はだれも要らないので、

かなり円が安くなってくるでしょう。

ハイパーインフレとは、

モノの値段が上がってお金の価値が下がることですから、

こちらの場合でも円が安くなります。

[ad#co-1]

こうして円安が進めば、

当然ながら長期金利は暴騰(国債価格は暴落)します。

もともと日本の金融機関や年金は

国債を大量に買い込んでいるので

日本国民は間接的に大量に国債を保有していることになります。

日本人の資産は極めて危険な状態にあるということです。

ですから、資産の一部を

アメリカやオーストラリア、カナダ、スイス、イギリスなど

といった先進国の外貨に替えておくことが

重要だと私は訴え続けてきたわけです。

円で持っていたら実質価値がゼロになりかねないが、

外貨で持っていた部分はそれを免れます。

つまり、そういった事態に備える保険という意味合いなのです。

かつて資産分散といえば

「株と土地と預金……」などと考えられてきましたが、

今は他の先進国にお金を逃すことを第一に考えるべき。

私自身、本当は日本から逃げ出すべきだけど、

この国が大好きだから無理。

[ad#co-1]

せめて財産ぐらいは海外に避難させておこうという話です。

自由人の旅ブログ

雇われないで生きる

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です