米メディア株急落で5兆円の損失 ディズニー、CBSらが格下げ

ディズニー

米メディア株急落で5兆円の損失 ディズニー、CBSらが格下げ

ディズニー

ここしばらく、メディア関連株にとっては

本当に酷い1カ月だった。


大雑把に言うと

「2日間で430億ドル(5兆3,000億円)の損失が発生した」

ほどの酷さなのだ。

8月18日にはメディア関連株はさらなるショックに見舞われた。

時価総額で400億ドル以上が吹っ飛んだ2週間の後、

米ウェルズ・ファーゴ銀行はウォルト・ディズニー、

CBS、21世紀フォックスの3銘柄の投資判断を

「優良(アウトパフォーム)」から

「中立(マーケット・パフォーム)」に引き下げた。

ケーブルテレビ局HBOの親会社、

タイム・ワーナーだけは格下げから免れた。

ウェル・ファーゴは

「ケーブルネットワーク事業の先行き不安による不透明感」

を格下げの理由としている。

ここでの「先行き不安」とは、

ディズニーが決算発表に合わせて示した

「ケーブル契約者の減少が売り上げ減につながった」

とのコメントだ。具体的には

「契約者数が低水準にとどまり、

国内のケーブル関連収入はやや予想を下回ることになりそうだ」

[ad#co-1]

と、ディズニーの最高財務責任者

(CFO)クリスティーン・マッカーシーが8月4日、

投資家達に弱気の見通しを伝えたことだ。

この発言は、

「契約解除が増加する懸念が強まっても、

ディズニーはまだ傘下のスポーツチャンネル、

ESPNのスポーツ中継という奥の手がある」

と長い間、安心していた投資家達を動揺させると共に、

「他のメディア企業も同様な状況ではないか」

との憶測を呼んだ。

ディズニーの没落が明らかになった8月4日以降、

ディズニー株は12%、タイム・ワーナーは10%値下がりした。

21世紀フォックスは12%、CBSは7%、

MTVやパラマウント映画を手掛けるバイアコムに至っては

22%の急落。S&P 500のメディア株全体では

10%の下落となった。

ウェルズ・ファーゴは投資判断を引き下げ、

先行き警戒感を強めているものの、

ESPNへの懸念は行き過ぎだとしている。

「ディズニーのことは、我々も我々の子供も大好きだし、

一部で言われているようにESPNが駄目になったなど

とは思っていない。

[ad#co-1]

 

確かに一時、ESPNがディズニーの

連結営業収入の40%近くを占めていたことを

考慮すれば業績低迷は問題だが、

本当に駄目になってしまったわけではない」

と、ウェルズ・ファーゴのリポートは記している。

本当の懸念材料はディズニーの

スター・ウォーズ関連のフランチャイズ展開、

特に上海でのテーマパーク建設だ。

CBSと21世フォックスに関して言えば、

ウェルズ・ファーゴはさらに強い懸念を抱いている。

CBSは「オーバー・ザ・トップ」

と呼ばれる高速回線で契約者に直接、

番組を提供する独立型サービス「ショータイム」

を6月に開始したが、このサービスの先行きについては

強気の見方がある一方で、アメフトのスーパーボールの

ようなイベントからの不安定な収入に起因する

弱気の見方がつきまとっている。

「我々はここに『希望』を見出そうとしているが、

現在のメディア産業で起こっていることを見ると、

もはや『希望』を当てにすることはできない」

とリポートは結んでいる。

フォックスはケーブルTVの契約者の減少に加え、

従来のサービスよりもチャンネル数を絞った

「スキニー」と呼ばれるパッケージに

乗り換える動きの影響も受けそうだ。

このような新パッケージは、

21世紀フォックスの関連企業収入の30%近く

を占める地域スポーツネットワーク

(ヤンキースとメッツの試合を放送するYESとSNY、

ボストンのNESN、ワシントンD.C.のMASNさらには

SportsNetLAなど)の減収につながるからだ。

[ad#co-1]

 

「スキニーだけにとどまらない大問題になるかもしれない」

とウェルズ・ファーゴは注意を促している。

売上げ堅調なタイム・ワーナーの投資判断は

「優良」にとどまり、格下げを免れた。

HBO NOWが好調な滑り出しで、

たとえ広告収入が減少しても堅調を維持すると判断された。

従来以上のスポーツ番組数を持つTNTとTBSは、

高額なESPNに比べて「スキニー」

の攻勢を受けにくいと予想されている。

自由人の旅ブログ

雇われないで生きる

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です