水原希子も三浦春馬も真っ青!?大コケ「進撃の巨人」に連日苦情が殺到!

進撃

水原希子も三浦春馬も真っ青!?

大コケ「進撃の巨人」に連日苦情が殺到!

進撃

原作ファンらを中心とした公開前後の酷評バッシング、

キャラとは合わない出演女優の不人気、

話題の大作とは思えないほどの短い上映時間(98分)

で前後編に分ける商売ありきの姿勢、

子供には見せづらいラブシーン、

スタッフの逆ギレなど、

どこを叩いてもマイナス要素しか出てこなかった

実写版「進撃の巨人」。

公開初週こそ「ミニオンズ」

にかろうじて競り勝ち1位を獲得したが、

2週目では早くも5位に後退。

3週目に突入したお盆ウィークは5週目、

6週目に突入していた「HERO」

「バケモノの子」「インサイド・ヘッド」

あたりと動員数を競う始末。

どうやら、配給会社の最低目標と言われた50億円どころか、

30億円にも満たない「惨劇の巨人」

になる噂が現実味を帯びてきた。

さらに一連の酷評などに追い討ちをかけるように、

作品の内容以外でシネコンなどには

クレームが来たというから目も当てられない。

[ad#co-1]

「つまり、お盆ウィークから夏休みにかけての

“箱”問題ですね。いわゆるスクリーン数や

箱の大きさのことです。

当初『進撃──』はお盆あたりも『ジュラシックワールド』

や『ミッション・インポッシブル ローグ・ネイション』

と動員数を競うものだと関係者は読んでいました。

そのため客席がアトラクションのように動く

話題の4DXシステムの上映を

『ジュラシック・ワールド』と半々、

通常版の箱は『ミッション──』

より大きいスクリーンを用意しているシネコンが多かった。

ところがなんと、あの酷評祭りです。

『ミッション──』では難民(入場できない観客)

が出るのに、『進撃──』

[ad#co-1]

はなかなか座席が埋まらず‥‥」(映画専門誌編集者)

さらに一番の問題は4DXだという。

「『ジュラシック・ワールド』

の4DXは2日後のチケットが発売される

夜中の0時からわずか1~2分で完売するのに、

『進撃──』は当然のように余ったまま。

この状況に、夏休みに『ジュラシック・ワールド』

の4DXを観たい観客から怒号に近い

問い合わせが殺到したらしいです。

進撃の回を『ジュラシック・ワールド』

に替えることはできないのか、

といったクレームも多いと聞きましたね」

 

シネコンの箱割りは支配人の予測、

配給会社との契約、さまざまな要素で決められるが、

とにかくこの夏の誤算は「進撃の大惨敗」

だったと関係者は言う。

事実、お盆ウィークの平日も「進撃──」は

「ミッション──」や「ミニオンズ」の約3分の1、

「ジュラシック・ワールド」

の約4分の1の動員しかなかったようだ。

映画ファンの間では「難民の駆け込み寺」

(観たい映画のチケットが買えない客がしかたなく観る映画)

とさえ揶揄される空前の“話題作”。

[ad#co-1]

夏の終わりとともにこのまま進撃は

止められてしまうのだろうか。

ちなみに後編は、上映時間が87分

(予定)とさらに短いようだが‥‥。

自由人の旅ブログ

雇われないで生きる

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です