完璧を求めるな!75%の情報があれば決断するには十分

悩む

完璧を求めるな!75%の情報があれば決断するには十分

悩む

必要以上に情報を欲しがる人のことを

「インフォマニアクス」と呼んだりします。

そのような人や、そのような風潮のある会社組織は

、何かを決定する時に、データや統計、

大量の分析資料を優先します。

誤解しないでください。

ほとんどの場合、その手法は正しいです。

ただ、極端に情報を求めないように気をつけたいものです。

普通のビジネスでの意思決定では特にそうです。

できるだけ正しい決断をするために、

十分な情報が欲しいと思うかもしれませんが、

一体どれだけあれば十分なのでしょうか?

大事なのは、どれくらいになると情報過多

なのかということです。

たとえば、必要な情報の半分しかもっていないとしたら、

おそらく意思決定をするには足りないと思うでしょう。

それで決断するのは、リスクが大き過ぎると

思うのではないでしょうか。

[ad#co-1]

しかし、99%の情報が手に入るまで待つのも、

リスクが大き過ぎます。それでは損をすることが多いです。

意思決定をする前に幅広く深い情報を集めようとすると、

このようなことがよくあります。

A)お金がかかり過ぎる
B)時間がかかり過ぎる

このような状態を「分析麻痺」と呼ぶ人もいます。

競合他社より一歩先を行くような、

フットワークの軽い会社にしたいと思っているなら、

これはかなり大きな障害です。

意思決定に時間がかかると、

その分チャンスを逃すことになり、

リスクが大きくなります。

ライバル会社に追いつかれたり、

下手すると抜かれることにもなりかねません。

私は、決断するのに必要な情報の量は、

およそ75%だということがわかりました。

たとえば、将来的に顧客になりそうな人が、

「契約するなら融資の限度額を引き上げてくれ」

と言ってきたとします。

[ad#co-1]

もし取り引きに失敗したら、

会社にとってかなりのリスクになるような

金額を要求されています。

そのような場合、決断をするために

どの程度の情報が必要でしょうか?

75%の情報が必要だとしたら、

相手は実績がしっかりある信用のおける

会社だということが証明できるような情報が必要です。

また、支払い能力があることを確認するために、

会計の資料も見せてもらった方がいいでしょう。

100%の情報が必要だとしたら、

財務の最高責任者や監査役などに、

過去2年分の納税申告書と損益計算書を見せてもらい、

説明をしてもらう必要があります。

すべてをやれば、その会社に関することをすべて知り、

十分な情報を元にした決断ができるでしょう。

[ad#co-1]

しかし、そこまでやっていたら、相手と将来的に付き合っていくチャンスを逃すかもしれません。

100%の情報を手に入れようとすると、

そこまで面倒な情報の提供を求めない、

他の競合他社にお客さんを取られる可能性があるからです。

また、「一緒に仕事をするのが大変な会社」

という最悪のレッテルを貼られるおそれもあります。

動きの速い業界では、そのようなレッテルをはがすのは難しいです。

つまり、意思決定をするのに十分な

情報を得ようとする時には、

そのリスクと将来的に得られる

報酬のバランスを取らなければなりません。

自分の会社が本当に危険な目に遭わないようにするには、

どこで見極めればいいのでしょうか?

たとえば、新しい製油所を建設する場合は、

必要なことをすべて確実に知るために、

お金も時間もかけた方がいいでしょう。

決断力に優れている人は、

情報について慎重に議論する時間をかけません。

変動する数字は、そこまで重要な要因として

取り扱わない人が多いです。

しかし、ビジネスで決断をする場合は、

[ad#co-1]

ほとんどが75%の情報があれば正しい決断ができると思います。

自由人の旅ブログ

雇われないで生きる

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です