足が不自由な犬を救ったのは、車椅子の青年だった。

足の不自由な

足が不自由な犬を救ったのは、車椅子の青年だった。

感動した

足の不自由な

 

足に障がいを抱えていた犬のことを、飼おうとする人はいなかった。

たったひとり、車椅子の生活を送る青年を除いて――。

 

自由人の旅ブログ

雇われないで生きる

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です