武井壮が陸上のマスターズ国際大会で優勝

武井壮

武井壮が陸上のマスターズ国際大会で優勝

武井壮

タレントの武井壮(42)が、

16日にフランスのリヨンで行われた

陸上の35歳以上の国際大会

「第21回世界マスターズ陸上競技選手権」

に日本代表として出場。

40~44歳クラス(M40)の

4×100メートルリレーで優勝した。

武井は、いずれもマスターズ大会で日本記録などを

持つ渡辺潤一(41)、譜久里武(44)、

石黒文康(42)と参加、武井はアンカーを務めた。

米、英、仏、独、スペインなど強豪国と同組ながら。

42秒70のタイムで金メダルを決めた

4人は昨年6月の

「第34回沖縄マスターズ陸上競技選手権」では、

アジア新記録と日本新記録を更新する

42秒25をたたきだし、世界記録の42秒20に迫っていた。

武井は、200メートルでM40クラスの

銅メダルを獲得した13年の同大会(ブラジル)以来、

[ad#co-1]

2大会連続のメダルとなった。

武井は大学時代から陸上を始め、

競技歴1年半ながら10種競技で

日本チャンピオンになった経歴を持つ。

タレントとなった現在も、

仕事終わりには必ず1時間の街中

ダッシュトレーニングを行い、

「僕のテーマは毎日成長すること。

必ず1時間知らないことを勉強するのがぼくの決まり」

と語っている。

現在は、野球の始球式で

140キロを投げたい野望を持つ武井。

一つの目標を達成し

「同世代、若い人たちに、人間の毎日1時間って

どれだけの価値があるか少しでも証明できた気がします。

これからも毎日成長したい」と喜びを語った。

[ad#co-1]

自由人の旅ブログ

雇われないで生きる〜ビジネス.com

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です