なぜ暑いのに太る?!夏太りの原因と効果的な解消テク4つ

ダイエット写真

なぜ暑いのに太る?!夏太りの原因と効果的な解消テク4つ

ダイエット写真

夏はたくさん汗をかくので、

こんなに汗をかいているんだから、少しは痩せているだろう

なんて、甘い期待を抱いてしまいがちですが、

夏は太りやすい季節でもあります。

「汗をダラダラ流していたのに、太ってしまった…」

ということも珍しくありません。
「しばらく体重計に乗ってない」という人は要注意!

夏太り解消は早めが肝心です。

夏に増えた体重は秋のうちに解消しておきましょう。

(モタモタしていると、正月太りのリスクが高まる、

冬になってしまいますよ…)

そもそも、夏に太るのはどうして?

暑くてたくさん汗をかいているのに、

夏に太ってしまうのはどうしてなのでしょうか。

夏太りの原因には、主に次のようなことが挙げられます。

基礎代謝の低下

一般的に、基礎代謝は季節の影響を受けています。

夏は基礎代謝が低下しますし、冬は基礎代謝が高くなります

寒い冬は、体内で熱を作り出すため、

エネルギーの消費量が高くなりますが、

夏は熱を作り出す必要がないため、基礎代謝が低下するのです。
夏は基礎代謝が低下して、消費エネルギー量が減少する

のですから、食事量に変化がなくても、

太る原因になってしまいます。

[ad#co-1]

水分補給によるエネルギー摂取

暑い季節は、スポーツドリンクや

清涼飲料水を摂取する機会が多くなります。

低糖・低カロリーなどの

清涼飲料水も多く販売されていますが、カロリーや糖を含まないわけではありません
熱中症対策にはスポーツドリンクが

適している場合もありますが、

余計なカロリー摂取につながってしまうこともあります。

麺類の摂取

夏太りの原因になる冷やしたぬきそば

のど越しの良い麺類は、ついつい食べ過ぎてしまいがち

また、野菜などの食物繊維の摂取量が不足しやすく、

血糖値の急激な上昇につながりやすいという点も、

太る原因になるでしょう。

[ad#co-1]

アルコールの摂取

これまた夏太りの原因よく冷えたビール

「暑い季節はビールが美味しい」

という人も少なくないと思います。

ついつい、お酒の量が増えてしまう人も

多いのではないでしょうか。

また、夏祭りやアウトドア、ビアガーデンなど、

夏にはお酒を飲む機会が多いことも太る原因につながります。

ダイエットの秋!夏の疲れを癒して、夏太りを解消するポイント4つ

夏の暑さは、体力や胃腸の働きを低下させたり、

自律神経を乱したり…ダイエットだけでなく、

健康にも悪影響を与えやすいです。

夏太りの解消は、ただやみくもにダイエットするのではなく、

夏太りの原因に合った対処法を取り入れることが大切。
「夏の疲れが抜け切れていない」という人は特に、

夏の疲れを癒す、体に負担をかけないダイエットを心がけましょう。

[ad#co-1]

適度な運動を取り入れて、消費カロリーUP!

ダイエットには適度な運動も必要です。

でも、夏の厳しい暑さで、

なかなか運動できなかったという人も少なくないと思います。

涼しくなる秋こそ、運動を始めるチャンス!
運動は、自律神経を整える効果基礎代謝を高める効果があり、

効果的に夏太りを解消するには欠かせません。
しかし、最初から張り切りすぎてしまうと、

体に負担をかけてしまいますし、続かなくなってしまいます。

無理のない運動を心がけ、

定期的な運動を習慣付けることが大切でしょう。

食事の栄養バランスを見直して。

夏太りを解消する食事

夏は冷たい麺類だけで済ませてしまうことも

あったのではないでしょうか。

麺類だけでは、ビタミンやミネラル、

タンパク質が不足してしまいます。

ビタミンやミネラルが不足すると、

代謝がスムーズに行われなくなってしまいますし、

タンパク質の不足は筋肉量の低下を招きます

[ad#co-1] さまざまな食材が旬を迎える秋こそ、

多くの食品を取り入れて夏の栄養不足を解消し、

栄養バランスのとれた食事でダイエットを

進めることが大切です。

秋が旬の食材には、

ごぼうやきのこ類などのダイエット

に役立つものが多くあるので、

上手に取り入れると良いでしょう。

アルコールの量を減らす

アルコール自体が直接太る原因になる

というわけではありませんが、

アルコールにもカロリーがありますから、

その分食事で摂取するカロリーを抑える必要があります。
また、アルコールには食欲を増進する作用がありますし、

つまみには揚げ物や肉料理などの

高カロリーメニューが好まれます

飲みすぎはもちろん、

食べ過ぎにも気を付ける必要があるでしょう。
夏太り解消には、

極力アルコールの摂取は控えることをお勧めします。

特に、毎日お酒を飲む習慣がある人は、

肝臓を休める「休肝日」を作ってあげることが必要です。

健康日本21では、

女性はアルコールの悪影響を受けやすいことから、

『1日2ドリンク(ビールの場合中瓶1本)以下、

週2日以上の休肝日』という男性の飲酒量の目安よりも、

少ない量に抑える必要があると示しています。

[ad#co-1]

涼しくなる秋は温かい飲み物も取り入れて

温かい飲み物が大事

冷たい飲み物の摂りすぎは、

胃腸の働きを悪くする原因になります

夏の暑さから、冷たい飲み物を摂りすぎてしまった人も

少なくないと思います。

涼しくなってくる秋は、体を温め、胃腸に負担をかけない、

温かい飲み物も取り入れると良いでしょう。
コーヒーやお茶類は、

砂糖を入れなければローカロリーですが、

カフェインの摂りすぎには注意が必要です。

 

自由人の旅ブログ

雇われないで生きる〜ビジネス.com

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です